プライバシーは守っておきたい!情報を漏洩しない方法3選

  • By :
  • - Date :

シュレッダーにかけて読めないようにする

重要なデータやプライバシーに関わる内容が書かれている書類を処分するのに適している方法がシュレッダーを利用することです。シュレッダーにかけることで文字が読めないほどにバラバラになるので、情報が漏洩してしまう心配が解消されます。シュレッダーは会社で扱うような大きなものだというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、自宅で扱えるようなコンパクトなサイズの商品も販売されています。デスクサイズのものを購入しておけば会社にある自分用のデスクに置いておくこともできるでしょう。

油性マジックで塗りつぶして捨てよう

個人情報が書かれている部分を油性マジックで塗りつぶすのも効果的な処分方法です。油性マジックであれば情報が透ける心配もいりません。確実に情報を漏らさないようにするためには表裏の両面を油性マジックで塗りつぶしておくのが良いでしょう。注意点としてはマジックが紙以外の部分にも塗られてしまう可能性があることです。テーブルにもマジックがついてしまう可能性があるので、下敷きや不要な紙を下に敷いておいた上で塗りつぶす作業に取りかかるのがオススメです。

手で細かく破ってから捨てる

簡単な処分方法として挙げられるのが手で細かく破ってから捨てる方法です。文字が読まれないように、できるだけ細かく破りましょう。特に個人情報が記されている部分は徹底的に破っておく必要があります。後から貼り付けて情報が読まれることがないように何日かに分けて捨てるのも効果的です。ポイントとしては破った紙はごみ袋の奥の方に押し込んでおくのが重要です。奥に押し込めば取り出しにくいので、破いた書類を全て集められる可能性も低いでしょう。

企業の機密文書の保管場所は、鍵のかかる場所、廃棄はシュレッダーや溶解など、原状が分からないように徹底化します。漏洩すると罰せられる可能性があります。

片付けが大変になる理由

引越を行うと必ず行うことになるのが片付けです。荷造りや新居で物を整理整頓することに時間がかかってしまうのは仕方…

会社組織を新世代に継承することは重要なテーマです

会社組織の経営者で、ビジネスの採算が取れるようになっているなら、事業承継を考える必要があります。事業承継と言い…

M&Aの具体的な内容を紹介

会社を合併したり買収する活動をM&Aと言います。MergersAndAcquisitionsの略で複数の会社が…