自営業をスタートするときに知っておかなければならないこと

  • By :
  • - Date :

事業の方向性を明確にすることが大事

自営業を行う場合、何らかの目的がありますが、その目的を明確にさせることが重要になります。自分の中でやりたいことがあっても、人に説明できるほど明確になっていないことも少なくありません。自分の頭の中で考えるのではなく、実際にそれを紙に書いてみたり人に説明して明確に説明できるようであれば問題ありません。ですが、紙に書き出すことができない場合や人に説明をして納得させることができない場合にはもう一度事業計画を考える必要があるでしょう。

特に人の会話や紙に書き出すことで、新たな発見があることが多いです。そうだとすれば、積極的に紙に書き出し疑問点を出してみることが重要です。また人と話す時にも、実際に会社を経営している人や事業に詳しい人と話し、質問に答えられるようにしておく準備も大事です。

資金計画をどうするかも重要

会社を始めるのであれば、資金計画を考えなければなりません。すでに資本金を確保できていれば問題ありませんが、最低でも300万円ないと始めることができない可能性があります。手元に十分なお金がない場合は、借り入れをすることが大事になります。借り入れをする場合には、金融機関から借り入れをする方法もありますが、金融機関との間に信頼がなければ借り入れすることができないでしょう。

既に過去に会社を設立し、金融機関と取引があった場合は借り入れが可能ですが、初めて事業を行う場合は金融機関との間で信頼関係がないことが多いですので、十分な資金を借り入れることが難しくなります。そこで、金融公庫等からお金を借りることで初期費用を確保することが可能です。

フランチャイズとは特定の会社などと契約を結び、権利を与えられた者が権利元である会社に利用料を支払うことでそのブランドの看板やサービスを使った商売ができる制度のことです。

片付けが大変になる理由

引越を行うと必ず行うことになるのが片付けです。荷造りや新居で物を整理整頓することに時間がかかってしまうのは仕方…

会社組織を新世代に継承することは重要なテーマです

会社組織の経営者で、ビジネスの採算が取れるようになっているなら、事業承継を考える必要があります。事業承継と言い…

M&Aの具体的な内容を紹介

会社を合併したり買収する活動をM&Aと言います。MergersAndAcquisitionsの略で複数の会社が…