法人向けパソコンとは?

  • By :
  • - Date :

ビジネスでパソコンを使用するとなったとき、とることができる方法はふたつあります。量販店で販売している一般のパソコンを購入するか、あるいは法人向けとして販売されているパソコンを購入するかです。法人向けパソコンとは、ビジネス専用に作られたパソコンのことで、一般のパソコンとは性能に様々な違いがあります。

ハードウェアの違いとは

まず法人向けパソコンは一般のパソコンよりも強度が強い素材や構造をしています。壊れないことを重視して素材は樹脂やプラスチックを多用しますが、一般向けは見た目を重視しアルミニウムを多用します。また、画面にも違いがあり、一般向けが写真や動画がきれいに見えることを重視していることに対し法人向けは長時間使用しても目が疲れないことを重視しています。さらに法人向けパソコンは、メンテナンスがしやすく保証期間が長いということが特徴です。

ソフトウェアの違いとは

一般向けパソコンが、さまざまな機能を有しており多種多様のソフトがインストールされているのに対して、法人向けのパソコンには必要最低限のソフトしかインストールされていません。そのため、一般向けのパソコンよりも購入価格が安価であることが多いです。

法人向けパソコンの購入方法と選び方

法人向けパソコンは、通常のパソコンとは異なり、家電量販店などで購入できることはほとんどありません。ビジネス用品を専門に取り扱う企業に問い合わせることが必要です。

法人向けパソコンの選び方

法人向けパソコンと一口に言っても、どの機能を重視しているのかによってさまざまな種類が存在しています。それにより必要となるメンテナンスや購入金額も大きく異なるので、仕事をする上でどのような機能が必要で、重要視しているのかといった点を確かめてから選ぶことが必要です。

BTOとはパソコンや自動車などの製造販売で顧客の注文に応じて組立を行い製品を出荷することを指します。

片付けが大変になる理由

引越を行うと必ず行うことになるのが片付けです。荷造りや新居で物を整理整頓することに時間がかかってしまうのは仕方…

会社組織を新世代に継承することは重要なテーマです

会社組織の経営者で、ビジネスの採算が取れるようになっているなら、事業承継を考える必要があります。事業承継と言い…

M&Aの具体的な内容を紹介

会社を合併したり買収する活動をM&Aと言います。MergersAndAcquisitionsの略で複数の会社が…